パレート図
上へ エクセル実践塾2013 パレート図 エクセル実践塾2010 エクセル実践塾2007

 

特集「パレート図」

 

 

 

 

 

 

 

特に要望の多い「パレート図」について解説します。

本記事に対する質問や要望などは、気軽にお寄せください。個別の回答は行いませんが、適時この特集記事「パレート図」に反映させていきます。

 

 

1.パレート図とは

パレート図は、棒グラフと折れ線グラフが、一緒に描かれる複合グラフです。 一般的に、棒グラフでは、売上や個数、頻度などが表わされます。降順で並べられるので、右肩下がりの棒グラフになります...

2.構成比を求める

パレート図の作成には、棒グラフと なる売上や個数、頻度などの値と、折れ線になるその構成比の累計が必要です。 構成比の累計は、構成比を求めてから計算します...

Excel 2013/2010の場合 | Excel 2007の場合 | Excel 2003/2002の場合

3.構成比で降順に並べ替える

パレート図の作成には、棒グラフとなる売上や個数、頻度などの値と、折れ線になるその構成比の累計が必要です。 この構成比の累計は、構成比を降順に並べ替えてから計算します...

Excel 2013/2010の場合 | Excel 2007の場合 | Excel 2003/2002の場合

4.構成比累計を求める

パレート図の作成には、棒グラフと なる売上や個数、頻度などの値と、折れ線になるその構成比の累計が必要です。 この構成比の累計は、ピボットテーブルの場合は「計算の種類」を変えることで、通常のシートの場合にはSUM関数を利用した計算式で求めます...

Excel 2013/2010の場合 | Excel 2007の場合 | Excel 2003/2002の場合

5.パレート図を描く

パレート図は、売上や個数、頻度などを表す棒グラフと、その構成比の累計を表す折れ線グラフの複合グラフです。 このパレート図は、ピボットグラフや縦棒グラフ、折れ線グラフなどから描くことができます...

Excel 2013の場合 | Excel 2010の場合 | Excel 2007の場合 | Excel 2003/2002の場合

6.ABC分析する

パレート図は、売上や個数、頻度などを表す棒グラフと、その構成比の累計を表す折れ線グラフの複合グラフです。 ABC分析では、売上や個数、頻度などの高いものから、Aグループ、Bグループ、Cグループのようなグループ分けを行います...

Excel 2013の場合 | Excel 2010/2007の場合 | Excel 2003/2002の場合

7.詳細を積み上げ棒で表す、パレート図にする

パレート図は、売上や個数、頻度などを表す棒グラフと、その構成比の累計を表す折れ線グラフの複合グラフです。 棒グラフは、積み上げ棒にすることもできます...

Excel 2013の場合 | Excel 2010の場合 | Excel 2007の場合 | Excel 2003/2002の場合

8.パレート図の見た目を変える

パレート図は、売上や個数、頻度などを表す棒グラフと、その構成比の累計を表す折れ線グラフの複合グラフです。 このパレート図は、折れ線グラフから描くことができます。 色合いなどを変えることで、より見栄えのするパレート図になります...

Excel 2013の場合 | Excel 2010の場合 | Excel 2007の場合 | Excel 2003/2002の場合

9.同じ体裁のパレート図を簡単に作る

パレート図は、売上や個数、頻度などを表す棒グラフと、その構成比の累計を表す折れ線グラフの複合グラフです。 このパレート図は、折れ線グラフから描くことができます。 視覚スタイルを割り当てたり、グラデーションで塗りつぶしたりすれば、より見栄えの良いパレート図になります。 そうしてできあがったパレート図をテンプレートとして保存しておけば、同じ体裁のパレート図を簡単に作れるようになります...

Excel 2010/2007の場合 | Excel 2003/2002の場合

10.表と同じシートにパレート図を表示する

パレート図は、売上や個数、頻度などを表す棒グラフと、その構成比の累計を表す折れ線グラフの複合グラフです。 このパレート図は、折れ線グラフから描くことができます。 グラフシートに描いたパレート図でも、[グラフの移動]ボタンを使えば、既存のシートに描きなおせます...

Excel 2010/2007の場合 | Excel 2003/2002の場合

 

 

 

質問や要望などはこちらから

本記事に対する質問や要望などは、気軽にお寄せください。個別の回答は行いませんが、適時この特集記事「パレート図」に反映させていきます。

 

Powered by NINJA TOOLS