エクセル実践塾 > エクセル実践塾2016

対戦結果を○△●で表したい

 

対戦結果を論理計算し、 その値を使ったCHOOSE関数式にします

「X>Y」のような論理式は、 真なら1、偽の場合には0の論理値が得られます。

この論理値は四則演算に用いることができます。

引き分けを2として、勝ちの場合には1を加え、 負の場合には1を引くことで、 対戦結果を1〜3の数値で得られるようにします。

これを、CHOOSE関数のインデックスとして使い、 ●(1)、△(2)、○(3)の表示を行います。


 

@不等号を使って、 左右の得点を比較する論理式による計算を行います

作例では、対戦成績は15対11です。

15>11は真なので、論理値は1です。

15<11は偽なので、論理値は0です。

Aこのような論理値の演算を行えば、 勝ちのときは3、負けのときは1、引き分けのときには2の結果を得られます

Bこの1〜3の結果を、 CHOOSE関数のインデックスとして使います

C作例のようなCHOOSE関数式にすると、 1〜3の対戦結果を、 ●△○で表示できます

DCHOOSE関数式では、 セル番地を相対指定にしているので、 他のセルにコピーして使えます

●総当たりの対戦表を作る動画です

関連する他のページ

3段階評価をABC評価に変えたい
CHOOSE関数を使えば、整数値を順に別の値に置き換えることができます

日付データを使って第○四半期と表示させたい
CHOOSE関数を使えば、年度初めの月に合わせて、四半期の表示を行えます

5段階評価を点数に置き換えたい
対象が1から順に並ぶ整数なら、CHOOSE関数を使えます

特集「条件付き書式」
特に要望の多い「条件付き書式」について解説します

月曜日の日付の隣に『定休日』と表示したい
WEEKDAY関数を使ったIF関数式で、月曜日の日付だけに「定休日」と表示させられます

残業があったときにだけ、その時間を表示したい
IF関数を使って、労働時間が8時間を越えるときにだけ、残業時間の計算を行うようにします

出勤していない日の計算は行わないようにしたい
IF関数式への条件の追加は、AND関数などを使って行います

計算結果の0を無効にしたい
IF関数を使えば、計算結果の0を無効にできます

『仕入』のときにはその『数量』を『残高』に足して、 『売上』のときにはその『数量』を『残高』から引きたい
IF関数を使って、 「仕入」と「売上」で異なる計算を行います

休日の早出時間の計算を無効にしたい
IF関数を使えば、 計算式に空セルが含まれるときなど、 計算結果を別の値に置き換えることができます

マイナス値をゼロに置換したいB
IF関数を使えば、隣接するセルにそれを実現できます

IF関数式で置換する値を、簡単に変更したい
置き換える値を特定のセルに入力するようにします

『○』を8とする計算式の結果を表示させたい
IF関数式を使えば、「○」を8と置き換えて計算できます

数式をいじられないようにしたい
「シートの保護」を行えば、ロックされていないセルだけしか編集できなくなります

データ入力するセルだけを順に選択したい
データ入力するセルだけをロック解除して保護すれば、それ以外のセルは選択できなくなります

第三者によるセルデータの修正などを制限したい
セルをロックすれば、第三者による修正を制限できます

データ入力するセルだけを順に選択したい
他のセルをロックすることで実現できます

オートシェイプの正円を連続して描きたい
図形の選択時にボタンをロックすれば、Escキーを押すまで、その図形を連続して描けます

特定のセルだけ選択できるようにしたい
シートの保護を行い、「ロックされたセル範囲の選択」を禁止すると、 ロックしていないセルだけしか選択できなくなります