エクセル実践塾 > エクセル実践塾2016

3段階評価をABC評価に変えたい

 

CHOOSE関数を使えば、整数値を順に別の値に置き換えることができます

CHOOSE関数を使うと、 1から順に並ぶ整数に応じて、任意の値を割り当てることができます。

このCHOOSE関数は、次のような書式で使います。

CHOOSE(インデックス, 値 1, [値 2], ...)

インデックス: 1 〜 254 の整数が表示されるセル番地を指定します。

値 1:インデックスが1のときに表示する値を指定します。

値 2:インデックスが2のときに表示する値を指定します。以降、想定されるインデックスに応じて、必要な数の値をカンマで区切りながら指定します。


Excel 2016/2013 の場合

 

@3段階評価は、論理値の加算で行えます

A求めた3段階評価の整数値を使って、 CHOOSE関数でABC表示にします

B置き換える値を、1から順にカンマで区切りながら指定します

C同じCHOOSE関数式で、 すべての点数をABC評価にできます

●点数をABCの3段階評価する手順を動画にしました

 

関連する他のページ

日付データを使って第○四半期と表示させたい
CHOOSE関数を使えば、年度初めの月に合わせて、四半期の表示を行えます

5段階評価を点数に置き換えたい
対象が1から順に並ぶ整数なら、CHOOSE関数を使えます

住所データから抜き出した都道府県名を完全なものにしたい
VLOOKUP関数を使って、都道府県名リストと照合します

リストの修正に応じて評価点が計算し直されるようにしたい
VLOOKUP関数を使って、評価に応じた点数をリストから表引きします

都道府県名から送料を求めたい
VLOOKUP関数を使って、都道府県名に該当する送料を検索します

例外の市を含む都道府県から、送料を求めたい
IFERRORを使って、2つのVLOOKUP関数で段階的に送料を検索します

配分で5段階評価したい
配分表を用意すれば、VLOOKUP関数で評価値を求められます

料金表から規定料金を導きたい
VLOOKUP関数を使えば、料金表から表引きできます

プランに応じた規定料金を求めたい
MATCH関数を利用すれば、プラン別の料金をVLOOKUP関数で求めることができます

祝祭日を自動的に表示させたい
祝祭日のリストを用意しておけば、日付に該当するものを、VLOOKUP関数で表引きできます

商品名や単価を、商品一覧から表引きしたい
表引きする表にあらかじめ適当な名前を付けておけば、VLOOKUP関数で簡単に表引きできます

あとから見てもわかりやすいVLOOKUP関数式にしたい
「範囲」として指定するセル範囲に、 あらかじめ適当な名前を付けておけば、VLOOKUP関数式でもそれを使えるのでわかりやすくなります

商品番号を入力すると、自動的に商品名が表示されるようにしたい
VLOOKUP関数式を設定すれば、商品リストからの表引きを行えます

商品番号を入力すると、自動的に商品名以外の情報も表示されるようにしたい
商品名などを表示するセルが、 表引きの対象リストと同じ並びになっていれば、商品名のVLOOKUP関数式をコピーして使えます

一覧表のデータを、申請書の必要な箇所にコピーしたい
あらかじめ必要なVLOOKUP関数式を設定しておけば、データの一つを入力するだけで、関連する項目を簡単に埋められます