エクセル実践塾 > エクセル実践塾2016

今日の日にちを強調したい

 

TODAYとDAYの2つの関数を組み合わせれば、 今日の日にちを求められます

TODAY関数を使うと、今日の日付を得られます。

DAY関数の引数として、そのTODAY関数を指定すると、 今日の日にちを数値として求められます。

カレンダーの数値と、それを比較して一致したものを、 今日の日にちとして条件付き書式で強調します。


Excel 2016/2013 の場合 | Google スプレッドシート の場合

 

@「ホーム」タブの「条件付き書式」→「ルールの管理」→「新規ルール」で、 条件付き書式を追加します

ATODAY関数で得た今日の日付から、 DAY関数で日にちだけを数値で取り出し、 セルの値と比較して、 一致したものに指定書式を適用します

「OK」をクリックして、 「条件付き書式の管理」ダイアログボックスに戻ります。

B「適用」をクリックすると、 今日の日付が強調されます

●万年カレンダーを作る手順を解説する動画です

※近日公開

 

関連する他のページ

今日の日付と曜日を表示したい
TODAY関数で得た日時を、表示形式を変更して、曜日付きの日付にします

期日を過ぎたら、その行全体を強調したい
TODAY関数を使って、今日と期日の日付を比べる条件付き書式にします

期日まで一か月を切ったら強調したい
TODAY関数を使って、今日と期日一か月前の日付を比べる条件付き書式にします

最新の在庫数を把握したい
TODAY関数を使うと、本日の日付を条件にして、最新の在庫数を得ることができます

都道府県などを簡単に入力したい
ユーザー設定リストに登録した文字列は、フィルハンドルのドラッグで簡単に入力できるようになります

ピボットテーブルの項目の並びを、元表と同じにしたい
元表の項目の並びを、ユーザー設定リストに登録しておけば、そのとおりに並び替えることができます

入力できる連続データを増やしたい
よく利用する連続データをユーザー設定リストに登録しておけば、他の連続データと同様の入力が可能となります

月曜日の日付の隣に『定休日』と表示したい
WEEKDAY関数を使ったIF関数式で、月曜日の日付だけに「定休日」と表示させられます

日曜日の日付を赤色で表示したい
年/月/日の形で日付を入力していれば、WEEKDAY関数を使った条件付き書式で、曜日を色分けできます

土曜日を青色で、日曜日を赤色で表示したい
WEEKDAY関数を使った条件付き書式で行えます

土曜日の日にちを青色で、日曜日の日にちを赤色で表示したい
WEEKDAY関数を使った、条件付き書式を設定します

木曜日の日付を強調したい
ユーザー定義で曜日を表示している場合には、WEEKDAY関数で木曜日かどうかを調べます

土日を色分けしたい
WEEKDAY関数を使った条件付き書式で、色分けが可能です

スケジュール表の土日を塗りつぶしたい
日付や曜日がシリアル値(日時データ)で入力されていれば、 WEEKDAY関数を使った条件付き書式で、土日だけを強調できます

日付から曜日データを取得したい
WEEKDAY関数を使えば、日付データから、曜日を表す数値データを取得できます

曜日でデータをまとめたい
WEEKDAY関数の結果を並べ変えれば、曜日ごとに集計することもできます

ピボットテーブルを使って、曜日でデータを分析したい
WEEKDAY関数の結果をピボットテーブルでページフィルタにすれば、曜日でデータを分析できます

日付の曜日を数値で表したい
WEEKDAY関数を使うと、各曜日を数値で表すことができます

月〜金曜日の売上だけを合計したい
WEEKDAY関数による結果を条件とすれば、SUMIF関数で曜日を限定して売上を合計できます

月〜金曜日の売上の平均を求めたい
WEEKDAY関数による結果を条件として、 SUMIF関数での集計結果を、COUNTIF関数で調べた個数で割れば、曜日を限定して平均を求めることができます

WEEKDAY関数を使ってみたい
WEEKDAY関数を使うと、指定した日付の曜日を1〜7の数値で表せます

祝祭日を色分けしたい
祝祭日名の入力の有無で条件付き書式にする方法があります

祝祭日を自動的に表示させたい
祝祭日のリストを用意しておけば、日付に該当するものを、VLOOKUP関数で表引きできます