エクセル実践塾 > エクセル実践塾2016

セルを結合しながら、 効率的にレイアウトしたい

 

結合セルはフィルハンドルでコピーできます

縮小して全体を表示するようにすれば、 レイアウトを崩すことなく日付などを表示させられます。

また、 結合セルはフィルハンドルでコピーできるので、 コピー後に列幅を設定して、 レイアウトを整えると効率的です。


 

@セルの結合は、 「セルの書式設定」でも行えます

A「配置」タブで、 「セルを結合する」を設定します

「縮小して全体を表示する」も設定しておくと、 結合セルの列幅が固定されるので、 レイアウトが崩れません。

B同時に、 「表示形式」を整えることもできます

日付の場合には、 「分類」で「日付」を選んでから、 「ユーザー定義」でaaaを追加すれば、 日付に曜日を付加することができます。

C「縮小して全体を表示する」を設定してあれば、 結合セルの列幅は固定され、 レイアウトを崩すことなくデータを表示できます

D結合したセルは、 フィルハンドルで、 結合設定ごと連番などを作ることができます

E「ホーム」タブ→「書式」→「列の幅」を使うと、 選択中のセルの列幅をまとめて変更できます

F広範囲で結合セルを作りたいときには、 左図のように、 はじめに作った結合セルをフィルハンドルで横方向にコピーしてから、 それらを縦方向にまとめてフィルハンドルでコピーすると効率的です

●勤務時間帯を、 論理式と条件付き書式で表示する動画です

関連する他のページ

50点以下を評価値1、51〜80点を評価値2、81点以上を評価値3にしたい
論理式を使って演算する方法があります

偏差値で5段階評価したい
偏差値による比較条件式を使って、論理値の足し算を行う方法があります

特集「条件付き書式」
特に要望の多い「条件付き書式」について解説します

会員番号ごとに売上を集計したい
SUMIF関数を使えば、 顧客リストに集計結果を表示することもできます

ヨミ表を確度ごとに集計したい
SUMIF関数を使えば、条件付きの集計が可能です

商品別の入庫数を集計したい
SUMIF関数を使います

月別の売上表を数式で集計したい
月ごとに売上が記録されている表が対象なら、 SUMIF関数で集計できます

担当者ごとの売上合計を数式で求めたい
SUMIF関数で求められます

担当者ごとの売上金額を合計したい
担当者の名前がわかっていれば、SUMIF関数で担当者ごとの合計を求められます

数式で 担当者別の売上を求めたい
担当者の一覧を用意できるなら、SUMIF関数で担当者別の売上を求められます

追加データの予定されている表から、条件に合致するデータの合計を求めたい
テーブル化してあれば、 データの追加が予定されている表からでも、SUMIF関数で動的に合計を求めることができます

曜日毎に授業実施時数の合計を求めたい
SUMIF関数を使えば、曜日を条件として、該当する数値だけの合計を行えます

月〜金曜日の売上だけを合計したい
WEEKDAY関数による結果を条件とすれば、SUMIF関数で曜日を限定して売上を合計できます

識別数字が“7”の製品の個数を合計したい
SUMIF関数を使えば、条件に該当する行の値だけを合計できます

オートフィルタで絞り込みを行った後で、いくつかの列を非表示にしたい
非表示にしたい列をグループ化しておけば、アウトラインボタンで簡単に表示と非表示を切り替えられます