エクセル実践塾 > エクセル実践塾2016

毎月の日にちと曜日を自動入力したい

 

数式で日にちを、 表示形式で曜日を表示できます

1日はシリアル値の1で表されます。

1日の日付を特定のセルに入力しておけば、 それに足す数値を1ずつ増やしていくことで、、 毎日の日にちを表示することができます。

曜日は、書式記号のaで表します。

aaaと指定すれば、 日付に応じた曜日を表示できます。


 

@その月の1日の日付を、 「年/月/日」の形で入力しておきます

作例では、 入力した1日の日付を、 表示形式で年と月のみの表示にしています。

A起点となる日付のセルは絶対指定にし、 それにROW関数で取得した行番号を足します

ROW関数を使うと、 そのセルの行番号を取得できます。

BROW関数で得た行番号を、 1日の日にちを表示するセルの行番号で引く数式にします

C「セルの書式設定」で、 「表示形式」の「分類」を「ユーザー定義」にして、 「種類」を「d(aaa)」にします

「セルの書式設定」は、 セルを右クリックして表示されるショートカットメニューから実行できます。

D下方向にコピーすれば、 必要な日にちを簡単に入力できます

起点となる1日の日付を他の月に書き換えれば、 その月の日にちと曜日が表示されます。

●必要な月の日にちと曜日を、 数式と表示形式で自動入力する動画です

条件付き書式で、翌月の日付は非表示にします。

関連する他のページ

特集「条件付き書式」

行番号を列に表示したい
ROW関数を使えば、対象とするセルの行番号を表示できます

リストから選択した地方の人を強調したい
地方名を選択できるセルを作っておき、それを使った条件付き書式にします

関東在住の人を強調したい
関東一都六県のリストと照合することによって、条件付き書式で強調できます

顧客名の入力を、 リストからの選択で簡単にしたい
「データの入力規則」を設定します

テーブル化した商品リストから、 商品コードで商品情報を表引きしたい
表引きする側とされる側の両方をテーブル化すれば、 項目列名で表引きすることができます

リストから選択した地方の人を強調したい
地方名を選択できるセルを作っておき、それを使った条件付き書式にします

コース名をドロップダウンリストから入力したい
「データの入力規則」を使います

ドロップダウンリストでプランを選びたい
「データの入力規則」で任意のドロップダウンリストを設定できます

項目をリストから選択入力したい
「データの入力規則」を使えば、指定した項目をリストから選択入力できるようになります

勤務者の入力を効率的に行いたい
勤務者のリストがあるなら、そのリストから選択入力することができます

都道府県名をドロップダウンリストで入力したい
都道府県が入力されているセル範囲を、 「データの入力規則」のリストとして設定すれば、ドロップダウンリストで選べるようになります

プルダウンリストからデータを選んで入力できるようにしたい
あらかじめそのデータを別の場所に用意しておけば、 その範囲を指定することで、プルダウンリストの一覧から選んで入力できるようになります

別のシートにあるデータを、プルダウンリストから選んで入力したい
あらかじめそのデータ範囲に名前を付けておけば、リストの範囲として指定できるようになります