エクセル実践塾 > エクセル実践塾2013

条件付き書式をコピーしたい

 

セル範囲を右ドラッグすれば、条件付き書式を含む書式だけのコピーが可能です

条件付き書式は書式の一種なので、マウスの右ボタンでのドラッグによる「ここに書式のみのコピー」が有効です。

この方法で条件付き書式をコピーすると、コピー元とコピー先のセル範囲は、異なる条件付き書式となります。

Excel 2013/2010/2007

 

@条件付き書式は、「ホーム」タブの「条件付き書式」から設定します

A作例のように、対象となる数値が5種類しかない場合は、カラースケールでの分類が便利です

Bセル範囲を選択し、その縁を右ドラッグすると、ドラッグ先のセル範囲に、条件付き書式を含む、書式だけをコピーできます

マウスの右ボタンを使ってドラッグすると、右ボタンを放したときに画面のようなショートカットメニューが表示されます。ここで、「ここに書式のみをコピー」を選ぶと、条件付き書式を含む書式だけをコピーできます。

Cコピー先のセル範囲に、同じ条件付き書式が割り当てられます

D必要なセル範囲に、同様の方法で条件付き書式をコピーします

E「ホーム」タブの「条件付き書式」→「ルールの管理」を実行すると、それぞれのセル範囲が個別の条件付き書式になっていることを確認できます

 

 

関連する他のページ

No.0〜No.30の連番を簡単に入力したい
最初の2つを容易すれば、たいていの連番はフィルハンドルのドラッグで入力できます

5号、7号…というような奇数の連番号をすばやく入力したい
文字列データであっても、数値が含まれているものなら、既存の規則性にそった連番を入力できます

連続する日付や曜日を簡単に入力したい
初期値を入力してから、「連続データの作成」を実行します

連番をすばやく入力したい
数値の連番の場合には、フィルハンドルの右ドラッグ、もしくは最大値の指定で一気に入力できます

No.0〜No.30の連番を正しく並べ替えたい
表示形式で「No.」を付加した、数値の連番にしておけば、正しく並べ替えることができます

特集「条件付き書式」

マス計算を簡単に行いたい
交差するセルで、項目値の計算結果を求めたいときには、Ctrl+Shift+Enterキーで配列数式にします

商品名や単価を、商品一覧から表引きしたい
表引きする表にあらかじめ適当な名前を付けておけば、VLOOKUP関数で簡単に表引きできます

商品番号を入力すると、自動的に商品名が表示されるようにしたい
VLOOKUP関数式を設定すれば、商品リストからの表引きを行えます

商品番号を入力すると、自動的に商品名以外の情報も表示されるようにしたい
商品名などを表示するセルが、表引きの対象リストと同じ並びになっていれば、商品名のVLOOKUP関数式をコピーして使えます

商品コードが空欄のとき、 商品名や単価の欄にエラー値を表示させたくない
IFERROR関数を使えば、エラー値を表示させないようにできます

あとから見てもわかりやすいVLOOKUP関数式にしたい
「範囲」として指定するセル範囲に、あらかじめ適当な名前を付けておけば、VLOOKUP関数式でもそれを使えるのでわかりやすくなります

型番を入力すると、小売価格が表示されるようにしたい
検索するべき型番が横(行)方向に並んでいる場合にはHLOOKUP関数を使います

2つの型番リストを参照して、小売価格を調べたい
IFERROR関数を使って、1つめの参照でエラーとなったときに、2つめのリストを参照するようにします