エクセル実践塾 > エクセル実践塾2007

名前にメールアドレスをハイパーリンクして、クリックするだけでメール送信できるようにしたい

 

HYPERLINK関数を使えば、ハイパーリンク化をまとめて行えます

HYPERLINK関数は、次のような書式で設定します。

HYPERLINK(リンク先,別名)

「リンク先」には、メールアドレスやURLなどを指定します。クリックするだけでメール送信できるようにしたい場合には、メールアドレスの頭に「mailto:」という文字列を付加します。

「別名」には、セルに表示される文字列などを指定します。

※ハイパーリンクが設定されたセルにマウスポインタを合わせて、しばらく左ボタンを押したままにすると、マウスポインタが十字形に代わり、リンク先に移動することなく、そのセルを選択できます。HYPERLINK関数式をコピーする場合には、この方法でセルを選択します。 

 

 

Excel 2010/2007の場合

Excel 2003/2002の場合

@HYPERLINK関数式で「別名」として使う列を、列番号をクリックして選択します

A選択された列の右枠線を隣に右ドラッグして、表示されるショートカットメニューから「右へシフトしてコピー」を選びます

B「別名」として使う列が用意できました

C最初のセルに、「=HYPERLINK("mailto:"&」と入力します

D「リンク先」として、メールアドレスの入力されているセルをクリックで指定します

E半角のカンマ(,)を入力します

F「別名」として、名前の入力されている隣のセルをクリックで指定します

G半角の閉じ括弧())を入力して、Enterキーで確定します

最初のセルに、ハイパーリン化された名前が表示されます。

H最初のセルのHYPERLINK関数式を、他のセルにコピーします

他のセルにも、ハイパーリンク化された名前が表示されます。

I「別名」の入力されている列の列番号をクリックして選択し、列番号を右クリックして、「非表示」を選択します

I「別名」の入力されている列の列番号をクリックして選択し、列番号を右クリックして、「表示しない」を選択します

J「別名」として使った列が隠され、すっきりとしたメンバーリストになりました

 

関連する他のページ

ブックやシートをWebページとして公開したい
Webページとして保存すれば、編集中のシートやブックをWebページとしてホームページなどで公開できます

Webページとしての公開を簡単に行いたい
「単一ファイルWebページ」として保存すれば、1つのファイルでブックやシートをWeb公開できるようになります