エクセル実践塾 > エクセル実践塾2007

Webページとしての公開を簡単に行いたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「単一ファイルWebページ」として保存すれば、1つのファイルでブックやシートをWeb公開できるようになります

「単一ファイルWebページ」で保存すると、Webぺーじとしての公開に必要な情報がすべてMHTML(MIME Encapsulation of Aggregate HTML)形式のファイル1つに収められます。MHTML形式は、Internet Explorerをはじめとする、主だったブラウザソフトで表示することができます。

@Officeボタンの[名前を付けて保存]→[その他の形式]を実行します。

A[ファイルの種類]を「単一ファイルWebページ」にします。

ブックとして公開するのか、シートのみを公開するのかを、「ブック全体」もしくは「選択範囲」のいずれかを選ぶことで指定します。

B1つのMHTML形式ファイルができあがります。

このMHTMLファイルをサーバーなどにコピーします。

ブックとして公開する場合には、ActiveXコントロールが使われます。

単一のシートとして公開する場合には、ActiveXコントロールは用いられません。