エクセル実践塾 > エクセル実践塾2007

整数部の数値を位別に表示したい

 

 

 

 

 

 

 

 

MOD関数とROWNDDOWN関数を組み合わせることで、目的の位の数字だけを取り出して表示できます

MOD(数値,除数)

このMOD関数を使うと、指定セルの数値を、指定した数値(除数)で割った余りを求めることができます。

「除数」を10にすると、対象となる数値が何であっても、1の位以下の数値を求められます。

ROUNDDOWN(数値,桁数)

このROUNDDOWN関数を使うと、指定された桁数で数値を切り捨てることができます。

「桁数」を0にすると、対象となる数値は整数に切り捨てられます。

 

@10の位の数字を取り出して表示したいときには、対象となる数値セルを10で割ります。

数値を10で割ると、10の位の数字が1の位に変わります。それをROUNDDOWN関数で整数にしてから、MOD関数によって10で割った余りを求めます。

=MOD(ROUNDDOWN(B2/10,0),10)

A他の位の数字を取り出して表示する場合は、同様の計算式を作りやすいように、対象セルの列番号を絶対指定にしておきます。

計算式内のセル番地にカーソルを移動して、F4キーを何度か押すと、列番号の前に「$」の付いた、列番号のみの絶対指定にできます。Enterキーを押すと、それを確定できます。

B列番号のみを絶対指定にした計算式を、「1の位」のセルにコピーします。

列番号のみを絶対指定にした計算式は、同一行へのコピーでは、対象セルの番地が変化しません。

C1の位の数字を取り出して表示するので、10を1に直します。

 

 

 

 

【楽天トラベル】ANA楽パック(航空券+宿泊) 北海道旅行も沖縄旅行も温泉もダイナミックパッケージで自由自在。